アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎とは、アレルギー反応が原因で皮膚にかゆみなどを起こす湿疹性の皮膚疾患のことを言います。
アトピー性皮膚炎は、特に幼児期から小児期に多く見られ、遺伝的な素因が原因であることが最近の研究で明らかになったようです。母親がアトピー性皮膚炎だった場合は遺伝する可能性が特に高くなっています。

 

アトピー性皮膚炎は、皮膚バリア機能の低下も遺伝的なものだと言う事が判明しています。皮膚の外部からの防御する機能が低下していることで、皮膚が乾燥しやすくなり、鮫肌や、皮膚の感染症を生じやすい状態になっているのです。
アトピー性皮膚炎を免疫学的な部分から見ると、ダニ、ほこり、微生物、食物さまざまな抗体に対してIgE抗体が過剰に産生されていることが特徴になっています。

 

アトピー性皮膚炎は、このようなさまざまな素因が原因で起こる皮膚炎ですが、人それぞれ症状が異なります。したがって治療方法も違ってくるのです。

 

ダニ、ほこりなどの環境対策、入浴、石鹸での洗浄などの清潔保持、低下したバリア機能を保湿剤などで補い、皮膚を刺激する衣服や紫外線発汗を避ける刺激回避から起こる皮膚の生理的異常を少しでも和らげ、アトピー性皮膚炎の症状を改善する努力が必要になります。