大人のアトピー性皮膚炎の原因

大人のアトピー性皮膚炎の原因は食事や生活環境、ストレスなどの何らかの刺激によるものが多いようです。健常者に比べてアトピー性皮膚炎の患者の皮膚は弱く、さまざまな刺激やストレスによってすぐにかゆみが悪化しやすくなっています。

 

アトピー性皮膚炎は幼児期に発症する場合が多いですが、最近では大人になってからアトピー性皮膚炎になる人が増えているようです。

 

その原因として考えられているのは、女性の場合、生理や妊娠、出産が関係している可能性があると言われています。アレルギーの面では、家ダニが関与していると言われています。

 

大人のアトピー性皮膚炎は昔とは変わってしまった食生活も関係しているようです。特にリノール酸を含んだ植物性油の大量摂取や食品添加物が皮膚は悪影響で、偏った食生活がアトピー性皮膚炎の原因になっている可能性もあります。

 

また職場で薬品などを扱う場合も影響がないとは言えず、肌に悪影響を与えている場合もあるのです。進学、就職、結婚などによるストレスもアトピー性皮膚炎に影響があると考えられています。
大人のアトピー性皮膚炎の原因はすべてわかっているわけではないので、皮膚に異常が見られた場合は早めに医師の診断を受けるようにしましょう。