大人のアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は主に乳幼児に発症しやすい皮膚炎ですが、大人になってからアトピー性皮膚炎になる人も増えています。
子供の頃にアトピー性皮膚炎を発症して完治した人が再発したり、環境の変化やストレスなどからアトピー性皮膚炎を発症する人もいます。

 

大人のアトピー性皮膚炎はなんらかの原因によって強いかゆみや湿疹が6ヵ月以上続きます。
大人のアトピー性皮膚炎の特徴は、顔や首など上半身を中心にかゆみや湿疹が強く出るようです。かゆみが強いと皮膚が乾燥してポロポロ落ちてきたり、赤黒くなったり皮膚が厚くなったりします。またあまりかき過ぎると硬いしこりのようになったりもします。

 

大人のアトピー性皮膚炎は、皮膚の炎症を抑えるためにステロイド外用薬や免疫調整外用薬を使用した治療になります。かゆみを抑えるために飲み薬の抗ヒスタミン薬も使用されます。どの薬も自己判断で使用したりせずに、きちんと医師の診断を受けて指示に従って使用するようにしましょう。

 

大人のアトピー性皮膚炎の症状はストレスや生活環境によっても症状に変化をもたらします。ストレスをためないような生活を心がけることが大切なので、アトピー性皮膚炎自体がストレスにならないように適度な気分転換をすることが大事です。