子供のアトピー性皮膚炎の原因

子供のアトピー性皮膚炎の場合は、アレルギーを起こしやすい体質である場合がほとんどです。
アトピー性皮膚炎や気管支炎喘息、アレルギー性鼻炎などを患う家族がいたり、IgE抗体を作りやすい体質の場合はアトピー性皮膚炎になる可能性か高くなります。

 

また子供のアトピー性皮膚炎は、皮膚が乾燥しやすい体質であることも考えられています。皮膚が乾燥することで、かゆみや炎症を起こしやすくなり、かくことでさらに皮膚を悪化させ悪循環を招きます。

 

また季節や体調、ストレスなども関係してきます。汗や日光の外部からの刺激や精神的ストレスなども、アトピー性皮膚炎を引き起こす原因とされています。乳児期のアトピー性皮膚炎は、卵やミルクなどによる食物アレルギーが原因の場合もあるようです。

 

子供のアトピー性皮膚炎は、乳児期になることが多く、遺伝的なものも多くなっていますが、それだけではないのでアトピー性皮膚炎になったからといって慌てずに、悪化させないような状況を作ってあげることが大切です。食物によってアトピー性皮膚炎を引き起こした場合は、食事の見直しをしっかりして和食中心の離乳食を心がけましょう。

 

食事制限をしっかりすることで1〜3年後にはほとんどの子供が食べることが出来るようになります。