子供のアトピー性皮膚炎

子供のアトピー性皮膚炎の発症はほとんどが1歳前の乳幼児に多く、その後は次第に発症率は低下しているようです。
また子供のアトピー性皮膚炎は、乳幼児の場合男の子の方が発症しやすく、成長するにしたがって女の子の発症率が高くなっているようで、早くに発症しやすい男の子の方が治りやすいとされます。

 

子供のアトピー性皮膚炎の原因になるアレルギーは食物アレルギーが最も高いようです。食物アレルギーを持つ子供の多くは、アトピー性皮膚炎を合併しています。愛知県で行われた食物アレルギーの子供の頻度調査では、0歳児が最も高く、しだいに減少しているのがわかっています。このことから食物アレルギーが原因でアトピー性皮膚炎を合併している子供は成長することで良くなっていくことが多くて、自然治癒力が強いことがわかっています。

 

子供のアトピー性皮膚炎の治療は皮膚の炎症の程度や年齢に応じて変わってきます。皮膚の炎症が軽傷の場合は、ステロイド軟膏を使用せずに保湿などのスキンケアで対応していきます。

 

アトピー性皮膚炎は清潔を保つことが一番大切です。また乾燥がかゆみを強くして皮膚炎を悪化させてしまいます。保湿剤をうまく利用するだけでもかなりの改善につながるので、しっかりケアしてあげることが大切です。