アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎は、皮膚の炎症、かゆみ、肌の乾燥などが主な症状として現れます。
アトピー性皮膚炎は、かゆみを伴う発疹が繰り返し現れることが特徴となったおり、特に顔や首、肘や膝のくぼみに発疹が出来ることが多く、ひどい場合は全身に広がることもあります。

 

アトピー性皮膚炎の患者のほとんどは、5歳までに発症していることが多く、遺伝的な要因がアトピー体質を引き起こしているようです。また、アトピー性皮膚炎の患者は気管支喘息やアレルギー性鼻炎にもかかりやすいことがわかっています。

 

アトピー性皮膚炎は、個人差はありますが、季節によってかゆみの程度が違うこともあるようです。冬に悪化する人の場合は、寒くなって肌の乾燥が進むと同時にかゆみもひどくなる場合が多く、暖かくなると温度が上がり汗などをかくことで肌のうるおいが出てかゆみが少なくなる人もいます。

 

夏に悪化する人の場合は、汗が刺激になってかゆみを起こすことが多く、汗などをかくことによって細菌が繁殖しやすくなり皮膚の炎症を悪化させてかゆみが強くなる人もいます。

 

アトピー性皮膚炎の症状は布団に入るとかゆくなったり、ストレスなどでかゆくなったりと人それぞれ症状には違いが見られているようです。